▲Page Top

交通事故の怪我・むちうち

むちうちの悩み

  • 事故に遭ってしまった。どうすれば良い?
  • 交通事故に遭ってから首・背中の痛みが良くならず悩んでいる
  • 頭痛やしびれ、めまい、吐き気もする
  • 天気など気候によって体調が左右される
  • 気分が落ち込んだり、イライラしてしまう

丁寧にヒアリングを行います交通事故に遭ったらどうしたらいいのか?
どこへ行けば良いのか?
分からない方がほとんどだと思います。

交通事故の怪我と言えば、「骨折」をイメージされるかと思います。

しかし、実は事故の怪我で一番多いのは、首の頸椎捻挫「むちうち」なのです。

交通事故むちうちは車やバイクなどの追突や衝突で、首に強い衝撃が加わり、首の骨が鞭のように、S字を描きます。
筋肉や靭帯、神経が傷つき、個人差もありますが首の痛み、肩や背中の張り、めまい、吐き気、しびれなどがみられます。

また、その時すぐに痛みや不調を感じるのではなく、事故後数日経ってから気が付く場合があります。

「少し痛みが気になる…」「気分が悪い…」
などの気になる事があっても、仕事や家事などを優先してしまい、我慢をしながら、そのままにしていませんか?
そうすると、だんだんとつらくなってしまいますよ。

すこしでも不調を感じたなら、専門家の適切な判断・施術を受けることで、後々の不調で悩まされることのないようにしていきましょう。

あなたのむちうちのタイプは?

むちうちには、大きく分けて4つのタイプがあります。

頸椎捻挫型
むちうちの中で一番多いタイプで、事故の衝撃で首の筋肉や靭帯が傷ついてしまいます。首の後ろが痛い、肩が痛む、寝違えのように痛くてあまり動かせない、頭痛やめまいなどがあります。
バレ・リュー型
首の交感神経と副交感神経に損傷を受けてしまい、首の椎間板や筋肉が圧迫されて、血流が滞ってしまいます。頭痛や吐き気、耳鳴り、倦怠感、不眠など自律神経のバランスが崩れます。
神経根型
頸椎のバランスが崩れ、歪みが生じます。首の神経が圧迫されるので「首が腫れる」「首や顔、後頭部が痛む」「腕や足がだるい、しびれる」といった、痛みだけでは無くだるさやしびれなど不快感を伴ったりします。咳やくしゃみで痛みを感じることもあります。
脊髄損傷型
足にダメージを受けるタイプで、頸椎を支える役割である脊柱管の中を脊髄が通っています。脊髄が傷ついてしまうと、足に伸びている神経がダメージを受け、足のしびれなどが感じられ、歩行困難などがあります。

交通事故に関する怪我の処置・むちうちケアについて

施術風景このように、むちうちには様々な種類があり、事故当時はそれほど気にならなかったことも、時間が経つにつれ悪化してしまうケースもあります。

そこで、あすか鍼灸接骨院ではまず、じっくりと事故に遭った様子、現在つらいお悩みなどに耳を傾け、どこに原因があるのかを正確に判断し、見極めます。

事故に遭った状況はお1人おひとり違いますので、手技と最新の電気機器を組み合わせ、その方に応じたベストな施術法でアプローチします。

整えます痛みが強い急性の場合は無理に触らず、交通事故に遭って間もない時期は、自律神経の乱れが見られることもある為、自律神経を調整して整えていきます。

強い衝撃で身体の筋肉や神経が緊張し、硬くなっている部分は、じっくりと緩めていきます。「筋膜・骨格・深部」この3つの柱のバランスを整えることで、身体全体が安定します。

  • 前より痛みやだるさがきつくなってきた
  • 痛い場所が時々変わる
  • 雨など天気が崩れるとつらい
  • 少しの仕事や運動で体調を崩す

少しでも気になることがあれば、お一人で悩まずに是非一度、当院にご相談ください!
周りの人になかなか分かってもらえない「つらさ」
そのお気持ちに寄り添って、一緒に不調の解消というゴールを目指していきましょう。